◆営業について ③

どうもTaiShowです!

今回は「営業力」とは何かについて解説していこうと思います!

まず前回?も言った通り「営業」「営業力」は違います。





「営業」とは「商品、商材を売ること」


「営業力」とは「影響力」ともいうのですが、意味合いとしてはどれだけ相手に行動してもらえるか、どれだけ相手に「ありがとう」を貰えるか 等。





この時点で何となく言いたいことが分かった人もいるかもしれませんが、イメージとしては「営業力」という大きなカテゴリーの中に複数の意味がこもっているという感じです。





営業力=影響力
┗どれだけ人を自分の思った方向に動かせるか、人に好かれる力、仕事を取る方法、コミュニケーション能力、どれだけ相手に行動してもらえるか、どれだけ相手に「ありがとう」を貰えるか 等




というような感じです。




例えば相手にメールを開いて読んでくれる、お金を払ってもらう、一緒に飲みに行く 等、小から大まで限りはありません。

この「営業力」があれば個人だろうが企業だろうが仕事を取ることが出来ます。

企業へのアプローチの際にも「ラポール 信頼関係」を築くのが絶対条件です。

その「信頼関係」を築く際に「営業力」があれば仕事につながると。






つまり言ってしまえば基本的な「人間力」、社会的常識を持っているか否かとも言えます。





特にイラストレーター等のクリエイターは全体的なイメージとして「コミュニケーション能力が無い」と思われています、そういうイメージが染みついてしまっているんですね。

だからこそ相手のイメージを覆し、マイナスからプラスへと期待値を上回らせるために必要なのが「営業力」です。





ではその「影響力」を付けるにはどうしたら良いか、具体的に解説していきたいと思います!


まず自分は誰を動かすことが出来るのかを想像してみてください。



自分より年下なのか、年上なのか、家族なのか、友達なのか。

これは大体答えが決まっていて「自分と似たような感性を持っている人」、「自分と同じような考えを持っている人」、「物理的に距離感が近い人」、「自分がよく理解している人間」です。

まず自分の事はどんなターゲットに強いのかを理解しておく事が第一歩です。





続いて人間には「4つの行動スイッチ」があります。




①恐怖
┗脅迫、暴力 

⇒ 悪いイメージをさせる


②飴と鞭
┗報酬を与える or 罰を与える(ある程度自分が上位にいる定での話、自分が上司の場合)。

⇒ 得たい欲、避けたい欲


③スペシャリスト
┗権威がある、専門的な知識、能力がある


④カリスマ性
┗男気、人持ち(信頼)、人間性、魅力
☆強い自信を持つ


という感じですね。





この①の悪いイメージをさせるというのはお客さんに対して未来の悪いイメージを連想させて恐怖を煽るというテクニックです。



②の「得たい欲」とは自分のデザインを使うとこういう良いことがありますよ?と未来をイメージさせる。

「避けたい欲」はこれだけは避けたいという欲をイメージさせてあげることにより①同様に恐怖を煽るというようなやり方があります。





今紹介した4つは日常生活でも役立つテクニックなので是非使ってみてください!

というわけで今回はここで終わりたいと思います!






次回は「クリエイターに必要な営業マインド」について解説していきたいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

◆営業について ②